実績・受託ラインナップ
分離・分析

目的物質の抽出・分離、精製の各プロセスの策定および最適化検討試験を受託いたします。分離方法は各種クロマトグラフィーおよび膜分離で、分析・分取の各目的への対応が可能です。

対応業務
  • 天然物の精製およびそのプロトコールの開発
  • 食品成分分析
  • 親和性カラムの開発
  • 特殊フィルターの開発

受託試験の流れと実験項目

01
Consultation/request

ご相談/ご依頼

  • お客様の技術課題を担当スタッフがお伺いいたします。
  • 必要に応じて先行技術(特許、原著報文)を調査いたします。
  • 当方から検討プランをご提案いたします。
  • ご希望のプランをご発注ください。
こんな情報があると速やかに進みます
  • 分離、分析対象物の物性情報
  • 夾雑物の物性情報
  • 純度の評価方法と目標純度
  • 精製物の希望重量(分取目的の場合)
  • 参考情報の有無(既存プロトコル、特許公報 等)

※もちろん、これらの情報がなくても受託可能です。

02
Pretreatment

前処理方法のスクリーニングと最適化検討

分離、分析方法に適した前処理法を検討いたします。

※03の後に再検討を行う場合があります。

  • 抽出、濃縮(溶媒による分液、沈殿、減圧濃縮)
    (前処理法の一環として、微生物培養液や破砕液の調製も承ります。)
  • ろ過(フィルタレーション)、透析(透析膜)
  • 担体分離(混合レジン)
GE 社製 AKTAPrime plus Waters 社製 Alliance HPLC システム
03
Consideration of experimental study

分離、分析方法のスクリーニングと最適化検討

各種クロマトグラフィーによる目的物質の分離、精製法について、以下を指標として検討します。

  • 分離の確認(分離能、分離度)
  • 純度、回収率の確認
  • 比活性(生理活性がある場合)
弊社保有の分離・分析系
  • Waters 社製 Alliance HPLC システム
    (水系および有機溶媒系/ 分析、セミ分取、分取)
  • GE 社製 AKTAPrime plus(水系/ 分取)
  • オープンカラム(有機溶媒系/ 分取)
  • TLC、PTLC
  • 限外ろ過(各社製カートリッジ使用、~ 1L程度)

※上記以外の分離、分析系にもご対応致します。お問い合わせ下さい。

04
Formulate

プロトコル策定

お客様書式の作業標準(SOP)の作成も承ります。

オープンカラム
05
Separation/Analysis

精製物の分離/検体の分析

策定済みのプロトコルに基づいて、精製物の分離、あるいは検体の分析を実施します。

  • 得られた精製物の透析、凍結乾燥品を納品することも可能です。
  • 分析結果の解析や考察も承ります。
06
scale up/routine

スケールアップ検討/ルーティン分析

策定済みのプロトコルに基づいて、精製物の分離、あるいは検体の分析を実施します。

テクノプロ・R&D ならば、こんなことも出来ます

  • 新規アフィニティーカラムの作製
    機能性タンパク質(酵素等)を任意の担体上に固定化する
  • タンパク質の固定化条件の検討
    基質の静的あるいは動的吸着量を指標として、各種固定化条件の最適化を図ります。
受託実績  CONTACT

お気軽にお問合せください。