受託実績
タンパク質

タンパク質 受託実績(具体例)

試験名膜タンパク質の細胞外ドメインの発現系構築及び精製
委託者名大手製薬会社
試験概要哺乳類由来膜タンパク質の細胞外領域について、Fcドメインを融合した発現ベクターを構築し、動物細胞発現系にて発現・精製した。
試験期間3.5ヶ月
提出物サンプル、報告書

試験名天然変性領域を含むタンパク質の発現精製
委託者名大手製薬会社
試験概要天然変性領域及びジスルフィド結合を豊富に含むタンパク質について、大腸菌発現系での発現条件を検討し、アフィニティークロマトグラフィー及びゲル濾過クロマトグラフィーを用いて活性のあるタンパク質を精製した。
試験期間2ヶ月
提出物サンプル、報告書

試験名タンパク質の熱安定性測定
委託者名大手メーカー
試験概要2種類の精製タンパク質について、蛍光色素を用いて熱安定性測定及び、リガンドとの結合の有無を測定した。
試験期間0.5ヶ月
提出物報告書

試験名抗体フラグメントを固定化したバイオセンサーの開発
委託者名大手メーカー
試験概要IgGのフラグメント化プロトコールを確立すると共に、基盤表面のポリマーを改良し、バイオセンサーを開発した。
試験期間1.0ヶ月
提出物報告書

試験名多数のハイブリドーマクローンからの抗体精製
委託者名大手製薬会社
試験概要3500クローン以上のハイブリドーマから、アフィニティーカラムプレートを用いてそれぞれ抗体を小スケール精製した。
試験期間1.0ヶ月
提出物サンプル、報告書

試験名ジャーファーメンターを用いた大腸菌の培養
委託者名大手製薬会社
試験概要ジャーファーメンターを用いて大腸菌を培養し、発現誘導によって目的タンパク質を発現させた。
試験期間0.5ヶ月
提出物サンプル、報告書等々

試験名ペプチド発現プラスミドの構築とタンパク質精製
委託者名大手製薬会社
試験概要ラット由来タンパク質のC末端側にある約8 kDaの天然変性領域について、大腸菌発現系を構築した。精製プロトコールを改良する事で、従来法と比べて収量が約3倍ほど上昇し、15 mg以上の目的ペプチドを納品した。
試験期間6ヶ月
提出物発現プラスミド、精製タンパク質、プロトコール、報告書

試験名大腸菌を用いた組換えタンパク質の産生と精製
委託者名大手製薬会社
試験概要遺伝子改変酵素の大量精製。Ni-NTAでのワンステップ精製を実施し、高純度タンパク質を納品した。
試験期間0.5ヶ月
提出物精製タンパク質、報告書

試験名Hisタグ付き酵素の精製プレ検討
委託者名大手製薬会社
試験概要遺伝子改変酵素の試験的精製。発現条件を検討し、予定の16倍量を納品した。
試験期間1ヶ月
提出物精製タンパク質、報告書

試験名大腸菌発現系を用いたヘテロ三量体タンパク質の精製
委託者名大手製薬会社
試験概要ヒト由来のタンパク質3種を大腸菌発現系により3量体として共発現させた。ニッケルアフィニティ精製、陰イオン交換カラム精製、ゲルろ過カラム精製を実施することで、シングルピークの高純度3量体タンパク質を精製した。
試験期間2ヶ月
提出物精製タンパク質、プロトコール、報告書

試験名コムギ無細胞タンパク質合成系および昆虫細胞発現系を用いた酵素の精製
委託者名企業研究所
試験概要コムギ無細胞タンパク質合成系および昆虫細胞発現系を用いて酵素の発現検討および大スケール精製を行った。
また、精製した酵素と基質を用いた酵素反応試験を実施した。
試験期間2ヶ月
提出物精製タンパク質、酵素反応済み基質、報告書

試験名Hisタグ付加タンパク質の精製条件検討および大量精製
委託者名電気メーカー
試験概要Hisタグを付加したタンパク質を大腸菌発現系により発現させた。最適発現条件の検討後、ニッケルアフィニティクロマトグラフィにより計1 gのタンパク質を精製した。
試験期間4ヶ月
提出物精製タンパク質、報告書

試験名全長抗体の断片化及び標識法の確立
委託者名大手化学メーカー
試験概要全長抗体の断片(Fab)化及び、断片に対するコンジュゲーション法を検討し、プロトコールの再現性を向上させた。
試験期間2ヶ月
提出物報告書、コンジュゲーション済みタンパク質

試験名表面プラズモン共鳴法を用いたタンパク質間相互作用解析
委託者名製薬企業
試験概要表面プラズモン共鳴法(SPR)を用いて、目的タンパク質の様々な受容体に対する分子間相互作用を定量的に解析し、速度定数及び平衡定数を明らかにした。
試験期間1ヶ月
提出物報告書

試験名タンパク質の性状解析
委託者名大手材料メーカー
試験概要製剤化を検討している精製タンパク質について、そのモル吸光係数及び等電点を実験的に決定した。
試験期間3ヶ月
提出物報告書

試験名各種緩衝液下でのタンパク質保存性試験
委託者名大手材料メーカー
試験概要製剤化を検討している精製タンパク質について、様々な緩衝液中での長期安定性を検証し、処方を決定した。
試験期間3ヶ月
提出物報告書

試験名タンパク質のゲル封入法及びゲル処方の検討
委託者名大手電機会社
試験概要タンパク質を様々なゲルに封入するための方法を検討し、電気泳動によるアクリルアミドゲル及びアガロースゲルへの封入法を確立した。
試験期間2ヶ月
提出物報告書

試験名工業的過程におけるエンドトキシン除去法の検討
委託者名大手製薬会社
試験概要タンパク質の工業生産過程におけるエンドトキシン除去法を検討・確立した。
試験期間FTE契約
提出物週報・月報及び最終報告書

試験名Hisタグ融合分泌タンパク精製業務
委託者名大手製薬会社
試験概要バクテリアから分泌させたタンパク質を含む培養上清(48サンプル)を用い、お客様ご提供のプロトコールに従って、Hisタグ付き抗体を精製した。
試験期間4カ月
提出物精製タンパク質、報告書

試験名ウサギ組換えタンパク質の調製
委託者名大手製薬会社
試験概要ELISAの検量線作成に用いるタンパク質の調製を目的とし、C末にFLAGタグあるいはHisタグを融合させた組換えウサギタンパク質を発現させるプラスミドを構築した。小スケールで発現確認・精製検討を行い、大量スケールでの精製方針を決定した。1Lスケールのトランスフェクション・アフィニティー精製を行い、FLAGタグタンパク質を5 mg程度納品した。
試験期間3カ月
提出物発現プラスミド、精製タンパク質、報告書

1 2
 CONTACT

お気軽にお問合せください。