お知らせ

お知らせ

【お知らせ】新サービスのご案内<タンパク質一括合成・解析サービス>

コムギ胚芽無細胞タンパク質合成技術を用いたサービスとなります。

目的タンパク質の選定から、大量調製、各種アッセイまで!
コムギ無細胞合成系からはじめるタンパク質研究「お任せ」サービス
 
 <こんなお客様におすすめ>

・目的タンパク質を迅速に効率良く手に入れたい
・目的タンパク質が市販されていない・発現精製の文献がない
・多数のホモログや変異体の中から、目的に適したものを選びたい
・タンパク質調製やタンパク質を用いた研究のノウハウが足りない
・スクリーニングや抗原等に必要とする多種類のタンパク質を入手したい
  

 <コムギ無細胞合成系の利点>

□多様な生物種に由来する多種類のタンパク質の合成実績
□ヒトタンパク質を極めて高い確率で発現(92%以上
□プロテアーゼフリー
□各種試薬(リポソーム・化合物等)存在下での合成が可能
□全長膜タンパク質等*図3 、難発現タンパク質も高確率で発現
□低コストかつ迅速に多種類のタンパク質を合成可能
□タンパク質共発現(ヘテロ複合体形成)が容易
□発現量の再現性が高く、スケールに比例した収量確保が可能
     
  
<コムギ無細胞合成系によるタンパク質の合成実績>
 
コムギ無細胞合成系にはコドンバイアスによる翻訳効率の偏りがないという特徴があるため、
様々な生物のタンパク質を翻訳することができます。
また、96/384ウェルプレート規格での一括合成にも対応しております。
これらの特性から、多様な生物種由来のタンパク質をゲノム規模で合成し、
アレイ化することが可能なタンパク質合成法といえます。
 
 【ヒト】24,000種
 【動物】マウス(1,800種)、サル、イヌ、ウマ など
 【植物】シロイヌナズナ(1,386種)、イネ、コーン、トマト、小麦 など
 【病原菌】マラリア(2,040種)、歯周病 など
 【ウイルス】HIV・B型肝炎ウイルス(HBV)・C型肝炎ウイルス(HCV) ・
       ノロウイルス・ジカウイルス・デング熱ウイルス・
       インフルエンザウイルス・ MARS ・
       新型コロナウイルス(SARS-2)
 
 ※ヒト由来タンパク質の他にこれまでさまざまな種由来のタンパク質合成に活用されています

 
詳細はこちら

その他のお知らせ

2020年09月25日【お知らせ】新サービスのご案内<ハイコンテントアナリシスサービス> more
2020年08月01日【お知らせ】サーバーメンテナンスに伴うウェブサイト一時停止のお知らせ more
2020年05月29日【お知らせ】研究開発拠点の集約に関するご案内 more
 CONTACT

お気軽にお問合せください。