メンバー紹介

丹羽 透

丹羽 透 Niwa Toru

経  歴

国立がん研究センター研究所にて癌の基礎研究を行った後、
製薬会社の Medical Science Liaison に従 事。

得意分野

エピジェネティクス、癌、分子生物学、細胞生物学、発生生物学

がん研究センターでは、癌のエピジェネティクス、特に慢性炎症によるDNA メチル化異常誘発機構の解明をメインテーマとして研究を行っていました。次世代シークエンサーを用いた癌の変異解析、DNA 脱メチル化剤検出のためのHTS 系の構築などを行ってきたことから、分子細胞生物学的技術にも自信があります。また、発生生物学のラボ出身なので、組織切片を用いた発現解析なども得意です。
対応分野の広さと、前職より企業様を含めた多くの方々と共同研究を行ってきた経験を活かし、お客様の満足度の高い、受託サービスの提供を目指しています。

山本 隆晴

山本 隆晴 Yamamoto Takaharu

経  歴

製薬会社にて、ビフィズス菌の同定・大腸癌の基礎研究に従事。
その後、北海道大学にて細胞生物学の基礎研究・教育に従事。

得意分野

生化学(タンパク質・脂質)、細胞生物学、遺伝学(酵母)

奈良先端科学技術大学院大学では、低分子量GTPaseの標的タンパク質を探索・同定した後、低分子量GTPaseによる細胞接着制御メカニズムの解明に取り組みました。
北海道大学では助教として基礎研究に携わっておりました。モデル生物の出芽酵母を用い、細胞極性や細胞骨格の制御に関わる因子を遺伝学的スクリーニングにより同定した後、生体膜を構成する脂質の非対称分布の生理的意義の解明や細胞内小胞輸送の制御メカニズムの解明に取り組んでいました。

鳥島 久

鳥島 久 Torishima Hisashi

経  歴

繊維会社にてヒト細胞やペプチドなど
バイオ関連試薬の開発製造・事業の構築に従事。

得意分野

細胞培養、ペプチド合成

前職の倉敷紡績株式会社ではバイオ関連製品(ヒト細胞・フィルター・ペプチド・遺伝子解析・プラスミド抽出装置など)の開発から製造までの責任者として、多くの製品の上市のために必要なマーケティングや特許調査、国内外の提携先との契約書締結を経験しました。
 また、ヒト細胞をはじめとする細胞培養ならびに、ペプチド合成技術をベースに、それら製品の技術担当を兼任し、大学医学部や化粧品、製薬の民間企業の研究者の方々に対して、製品の実際の使用について技術的な提案をするとともに、必要に応じて、お客様での立会い試験や、試験の受託を行いました。

林 良

林 良 Hayashi Ryo

経  歴

米国国立衛生研究所にて癌の分子標的薬や抗 HIV薬に関する研究に従事。
その後、佐賀大学にて、ペプチド創薬と研究指導に従事。

得意分野

合成化学、生化学、分析化学(生理活性物質の評価も含む)

ペプチド化学を軸として、薬物受容体のアゴニスト/アンタゴニスト、タンパク質間相互作用をターゲットとした阻害テンプレート分子、抗HIV 薬などの創薬研究を主に行ってきました。現在は、ペプチド化学と分析化学の分野を担当しています。
 弊社リサーチセンターは各専門分野の研究者が連携して、試験に取り組むことが可能です。化学と生物学の両方に跨る内容の試験につきましても、ご期待下さい。

寒川 剛

寒川 剛 Sangawa Takeshi

経  歴

大阪大学蛋白質研究所にて、タンパク質発現・精製用のタグ開発、
タンパク質相互作用解析、タンパク質結晶構造解析に従事。

得意分野

タンパク質精製、X線結晶構造解析、タンパク質間相互作用解析

受託業務に携わってから、これまで以上に様々な種類のタンパク質に触れられるようになり、その性質の多様性を改めて実感しています。それらを高い汎用性で発現・精製できるメソッドの開発が当面の目標です。
結晶構造解析用の高品質タンパク質精製、タンパク質の可溶化やリフォールディング等、お悩みの際には是非ご相談下さい。

岩﨑 隆宏

岩﨑 隆宏 Iwasaki Takahiro

経  歴

マサチューセッツ大学医学校で細胞運動や細胞内タンパク質イメージング等、
細胞工学分野の基礎研究に従事。
その後、愛媛大学にてコムギ無細胞タンパク質合成系を用いた難発現タンパク質の生産、
ヒトゲノムワイドプロテインアレイ構築・スクリーニング等を中心とした研究に携わる。

得意分野

昆虫細胞系およびコムギ無細胞系によるタンパク質の発現と精製

細胞を用いた従来の発現系では発現させることの難しい非常に多様なタンパク質をコムギ無細胞系によって合成してきました。GPCRを含めた膜タンパク質、転写因子、ウイルスタンパク質など、タンパク質生産がボトルネックとなり研究を先に進められないといったトラブルが御座いましたら、生物種、タンパク質種に依らず幅広く対応致します。また、コムギ系と同様に真核細胞由来発現系であるバキュロウイルス-昆虫細胞発現系を用いたタンパク質精製に関するご相談も承ります。

荻原 和真

荻原 和真 Ogihara Kazumasa

経  歴

化粧品・健康食品メーカーやバイオベンチャーにて機能性素材の評価及び開発に従事。

得意分野

細胞生物学、分子生物学、統計解析

化粧品や食品において”機能性”が注目される時代となりました。私たちは技術で皆様のお役に立ちたいと考えています。
化粧品や健康食品に関して、機能性評価の「計画」「実施」「解析」までをお客様のご要望に応じてサポートいたします。
特に培養細胞や酵素を用いた評価及びアッセイ系の構築はお任せください。お困りのことがございましたら、お気軽にお問合せください。

藍澤 陽子

藍澤 陽子 Aizawa Yoko

経  歴

大学院で神経細胞生物学を学び、国内の研究機関で神経系に関する研究に従事。
米国ジョーンズ・ホプキンス大学にてグルタミン酸受容体に関する研究に従事。
その後、東京大学にて神経細胞生物学分野の研究に従事。

得意分野

分子生物学、細胞生物学、神経生物学

これまでに国内外の公的研究機関などで神経発生、孤発性アルツハイマー病やグルタミン酸受容体に関する研究を行ってまいりました。
遺伝子工学、細胞培養、分子細胞生物学的技術、免疫細胞・組織学的技術などに精通しており、お客様の幅広い研究開発のニーズに対応してまいります。
細胞培養では脳神経系細胞の培養技術も備えておりますので、是非ご相談ください。

彌生 吉広

彌生 吉広 Yayoi Yoshihiro

経  歴

製薬会社でアレルギー性疾患関連遺伝子の解析、
疾患関連遺伝子の相互作用タンパク質の探索に従事した後、バイオベンチャー企業にて
無細胞タンパク質合成技術を用いた受託業務や研究開発に従事。

得意分野

タンパク質合成、分子生物学

ジェノックス創薬研究所にてアレルギー性疾患関連遺伝子を罹患者と健常者との遺伝子発現比較により解析に従事した後、製薬会社において様々な疾患に関連すると考えられている遺伝子と相互作用候補タンパク質との関連性について研究を行いました。その後、前職では無細胞タンパク質合成技術を基盤としたバイオベンチャー企業において、主にタンパク質合成受託業務を行ってきました。
細胞培養や分子生物学的手法を用いた研究、免疫組織化学染色を用いた研究などこれまで様々なラボや分野に携わりましたが、タンパク質合成、特にコムギ系無細胞タンパク質合成を得意としています。複数のアミノ酸変異体を合成して比較したい、一般的なタンパク質合成手法では発現しない、発現しても微量しか得られない、可溶性の高いタンパク質で得られないなどのお悩みの際には是非ご相談下さい。

石塚 明

石塚 明 Ishizuka Akira

経  歴

理化学研究所にて機能性 RNA の基礎研究に従事。
テクノプロ・R&D 社に入社後、製薬会社にて iPS 細胞を用いた再生医療技術開発に従事。

得意分野

生化学、分子生物学、細胞生物学

理化学研究所では、非コード RNA の基礎研究として局在解析、関連因子の探索と同定、機能解析を行い、機能性 RNA が形成する生命現象の解明に取り組みました。
神戸リサーチセンターでは、培養細胞での各種アッセイ (薬剤処理評価、遺伝子発現解析、等) や臨床検査機器の基礎技術開発など、細胞・遺伝子、タンパク質の分野で業務を行っております。
お客様の満足度の高いサービスを提供できるよう、試験計画の立案から最終報告まで責任をもって対応させていただきます。

秋山 良

秋山 良 Akiyama Ryo

経  歴

東京大学小林修教授のもと有機合成化学について研鑽を積み、
学位取得後は海外留学(英国、ケンブリッジ大学)にて天然物合成を学ぶ。
帰国後は再び小林修教授と共に、企業との共同研究並びに後進の指導を行う。
当社入社後はNEDOプロジェクト(経産省) 並びにCRESTプロジェクト(文科省、JST)に従事し、
2018年より現職。

得意分野

有機合成化学

東京大学では、化合物ライブラリー構築のための方法論として、新規高分子固定化反応剤を用いた固相上での様々な有機合成反応の開発に携わりました。また、グリーンプロセスを志向した高分子固定化金属触媒を開発し、フローケミストリーへの応用などにも取り組みました。
学位取得後は、留学先のケンブリッジ大学にて天然物の全合成研究を学び、帰国後は再び東京大学で博士研究員として派遣研究員や大学院生などの指導や研究室運営にも携わりました。
これまで基礎研究から実用化研究まで幅広いテーマを経験し、柔軟な研究活動を行うことができます。その経験を生かし、お客様のご希望に迅速に対応していきたいと思います。

加藤 淳一

加藤 淳一 Kato Junichi

経  歴

東京大学向山研究室の門下生として有機合成技術を研鑽し、
青山学院大学、野口研究所、東京農工大学における研究活動及び後進の指導等を経て、
当社入社後2006年より現職。

得意分野

有機化学

大学院で博士号を取得した後、大学助手および講師として20年以上研究開発に従事いたしました。有機化学の研究・教育に携わってきた経験を生かし、埼玉リサーチセンターのセンター長として、10年以上ラボの運営に携わってきました。現在は技術顧問をしています。
医薬中間体、有機エレクトロニクス材料等、あらゆる有機化合物の合成に対応いたします。過去情報の検索、ルートの立案、および実際の実験による検討を行います。
またNMR、MS等、分析機器を用いる有機化合物の構造解析にも対応いたします。

笠原 俊尚

笠原 俊尚 Kasahara Toshinao

経  歴

東京理科大学硤合憲三教授のもと有機合成化学について研鑽を積み、
修士取得後はみどり化学株式会社に入社し、受託合成業務に9年間従事する。
自社入社後は化学メーカーに2年間外勤し、電子材料の合成及び評価業務に従事する。
2015年より埼玉リサーチセンターに異動。

得意分野

有機合成化学、プロセス化学

受託合成会社で9年間、mgからkgまでの様々なサンプルをユーザーに納めてきた経験が最大の武器です。
工場で実機製造した経験も豊富なので、スケールの大きい受託案件を得意としています。
 CONTACT

お気軽にお問合せください。